沖縄県民とユタの関係

沖縄文化圏では古くから、ユタ禁止、ユタ征伐、ユタ狩りなど、琉球王国時代から明治政府

戦時体制下まで幾度もユタを禁圧した歴史がある

そういう事柄があったのに未だにユタが存在するのだろうか?

それほど、沖縄の人に「ユタ」とゆうものが必要とされてきたからである

普段「ユタ」と言う言葉すら口にしない人が人生の過程でつまずきぼろぼろになったときに沖縄の人はそろって 

民間で手軽に見てもらえる「ユタに見せて来い」と言う

ユタに見てもらうことを「ユタ買い」という表現もしますね

それに加えて沖縄の精神科医は、患者さんにユタを薦めることもしばしば

こういう習慣を沖縄では「医者半分、ユタ半分」と言っている

お医者さんも、その効果をある程度認めているからこそ薦めるのだろう

必ず、何かそうなった原因を見つけるために

多くの人は「カミンチュ(神人)=霊能者」と思うだろうが

まったくイコールだとは言えない部分があるように思われる

カミンチュ(神人)の多くは先祖ごとを主として行い、人々に「癒し」を与える

だが、社会や人間を罪から救うというもっと普遍的な目的のために、カミンチュ(神人)として立つ者も存在し

自分の使命は皆を公平に扱い、神の教えを広め、癒しを与える事を信条としている


ランキング参加しました応援よろしくお願いします


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。